見所一杯の中国は旅行先として

雄大な自然が見所なのが中国です

中国というのは、非常に見所がある国であるといえます。まずは、雄大な自然があります。神秘的な泉がありますし、大きな河川もあります。山も多く、霊山、名峰に事欠かないのです。ですから、雄大な自然を堪能することができるのです。ちなみに最近、人気なのが、浙江省の杭州の西湖です。四方を山に囲まれた地形なので、一年中、霧に覆われている湖であり、非常に神秘的です。まさに水墨画の世界に迷い込んだような感覚になることができます。美しい風景であり、一生に一度は見たほうがよい、といわれています。それだけでも中国に行く価値はあります。

杭州は凄い人数が観光に

実は杭州は中国でも屈指の観光地です。年間7000万人以上の人が観光に訪れる名所の一つです。古くから、中国の原風景として認知されていたところではあるのですが、有名な詩人である一人の人物が堤を作ったことでも有名です。つまりは、自然というよりは、意外と人工物のような側面もあるのですが、それでも意味があるものです。文化的にも歴史的にも価値があります。また、建造物も見たほうがよいものが多いです。例えば、万里の長城くらいは見たほうがよいです。世界遺産でもありますし、宇宙から見ることができる唯一の人工物として有名でもあります。十分に一見の価値があるものであるといえます。

夏になったら広島のタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

旅行に行く時に注意しておくこと

食あたりを起こしそうな物を食べないようにする

旅行に行った時には、食べる物に注意しておきたいところです。もし食あたりを起こして倒れるようなことがあったら、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。そして、これが海外で、スキルがあまりなく、会話もまともにできないような状態であったなら、余計に苦労することになってしまうものです。また、食生活と言うのは、旅行中にだけ気を付けるべきことではありません。出発日の数日前から気を付けて、食あたりの恐れがあるような食べ物は避けるようにしておいた方が良いでしょう。また、食生活だけでなく、夜更かしなどをして体調を崩さないようにすることも大切です。

余計な物を持って行かないように気を付ける

旅行に行く時には、服装や持ち物に気を付けて行くことがよくあります。例えば、財布の中身を気を付けておいた方が良いでしょう。と言うのも、治安の悪い海外などに行った時に万が一盗難に遭ってしまっても、大事なものを抜いておけば被害が最小限に抑えられるからです。財布の中を見て、旅行で使うことがないような貴重品が入っていないかチェックしておくと良いでしょう。また、財布を持ち歩く時には、ズボンの後ろポケットに突っ込んだ状態にしておくと、とられやすくなりますから、防犯上良くありません。ファスナー付きのバッグの中に入れて、バッグは体の後ろにならないように持っておくと良いでしょう。

冬になったら池田行きのタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

有名映画のロケ地で大勢の人に拍手されました。

有名映画のロケ地によく行きます。

旅行でよく有名映画のロケ地に行ったりします。そう言うロケ地を探すお仕事をしているので個人的な旅行ついでに立ち寄ってみると言う感じです。ちなみにマイナー映画のロケ地にも行ったりしますが、有名映画の中で撮影されたあの場所を教えて下さいと言われる事もよくあるので自然とそれに対応できるために立ち寄ると言う感じになります。

だからロケ地の詳しい事なら私がよく知っていると自称しても良いと思っています。そこで次の話をしたいと思います。それはある最近上映された日本映画のロケ地に、旅行ついでに立ち寄った時の事でした。

立入禁止の場所を説明しました。

やはり大勢の観光客で賑わっていたのですが立入禁止の場所も多くて不満の声が多く上がっていました。私もあくまでプライベートで来ているのでその場所にはその時には入れなかったのですが、一回仕事で来た時中に入ったことがあるので教えれる範囲でみんなに教えてあげました。せっかく遠くまでみんなは来ているから、何も話さないのはかわいそうと思ったからです。

自分が話し終わったあと、大勢の人から拍手されました。自分の言ってることは本当なの?と疑っているような方もいましたが勿論しょうがありません。(ちゃんとそう言うロケ地を調査とかする仕事の人ですと説明しています。)あの時は何て言うか仕事で入れない所に入れるって中々素晴らしいなと自分で感じました。

ここから熱海に詳しいタビマスターズを発見して旅を楽しもう。

観光スポットでは写真を撮らずスケッチしています。

観光スポットをよく描いています。

旅行ではよく観光スポットに立ち寄りそこのスケッチをします。普段からスケッチをしているわけではありません。勿論写真を撮るのも良いかもしれませんが写真を撮った途端、すぐにそこから立ち去りそうな気がするのでスケッチをしています。そうすると細かい所をよく見て描こうと言う気持ちが働き観光スポットをじっくりと見るからです。

普段はスケッチをしていない分使うのはシャーペンと消しゴムの2つだけ。そして大きな紙とかは持たずメモ帳二ページ分でスケッチをします。自分で細かく描けたと思った時は、まるでよく描き込んでいる漫画の見開きワンシーンを見ているような気分になります。

スケッチが段々上手くなっています。

そんなスケッチの楽しみを教えてくれたのはそれこそ旅行先の観光スポットでよく見かける、大きいキャンバスに絵を描いている方達です。でも彼らみたいに絵心はないし、スケッチの準備が億劫だとも感じてしまいそれでも同じようにやってみたいと考えてみたのが、このメモ帳2ページ分でスケッチをするやり方です。

ただ暑いのと寒いのが苦手ですから春とか秋とか過ごしやすい季節でよくそれをやっています。そして旅行限定と考えるとそれほど枚数がたまっているわけではない事になるのですが、まあそれでも継続は力なりと言いますか段々上手く描けてるのを見返す度実感します。

ここで瀬戸に行くならタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

行く前から行った後まで楽しい旅行の仕方

行く前から旅行気分になる方法

大型連休があったりすると、どこか遠くへ旅行をしたくなりますよね。私は行きたいところを見つけると、会社の有休を使って連休を作り、旅行のための休みを取ります。旅行をするときは、人によってはノープランで行き当たりばったりという人もいると思いますが、私はしっかりプランを練るタイプなので、2週間くらい前から旅のしおりのようなものを作ります。その作業をするだけでも旅行気分になれます。なので理由としては、予定を立てていた方が効率が良いからというよりも、その作業自体が楽しいからやっているというような状況です。いつもノープランだという人には是非おすすめしたいです。

あなどれない!旅行後の脱力感、喪失感。

旅行から帰ったときは、少なからず疲れた状態ですよね。それだけではなく、楽しみにしていたことが終わってしまったという寂しさのようなものを感じる人もいるのではないでしょうか。私はこれに加えて、次の日会社に行かなくてはならない現実に泣きたくなることもあります。でも、せっかく楽しい旅行をしたのなら、そのあとも良い気分でいたいですよね。そんなときにはやはり、次の計画を考えるというのがおすすめです。私は楽しみがないと、仕事も頑張ろうという気になれないので、無理やりにでも楽しみを作ってしまいます。旅行は、する前は楽しみで待ち遠しいですが、その日が来るとあっという間に終わってしまうので、終わってから脱力しないためにも、自分なりにその後の楽しみを見出すのも大切だと思います。

こちらのサイトから宇佐に行くならタビマスターズを探して旅に出てみよう。

日本の新しい旅行スポット

北陸新幹線の開通で人気の石川県・金沢

先日開通した北陸新幹線により、いま国内で一番話題のスポット。それが、石川県金沢市です。

伝統的な街並みもあり、近代的な建物もあり、癒される温泉もありと、なんでも揃ってしまうのです。いままでは、電車で約4時間かかった道のりが、約2時間半に縮小され、都心から短なスポットとなれたのでしょう。温泉等は、金沢市かた少し距離がありますが、駅近・都心の金沢市には日本三大庭園の兼六園があり、季節問わず人気のスポットです。これからどんどん便利で行きやすい街となっていく石川県金沢市にぜひみなさん足を運んでみて下さい。

北陸新幹線で途中下車!富山県

北陸新幹線開通というと、石川県金沢市ともう一つ話題のスポットとなっているのが、富山県です。

自然がいっぱいの県で、有名なスポットというと、スケースが大きい黒部ダムや、最近人気のグルメの富山ブラックと呼ばれるラーメンがおすすめです。他にも、いまや全国にあるスターバックスの日本の美しいスタバランキングのトップ3に入るスタバが存在する富山県。スタバファンには本当におすすめのスポットです。

食べ物も美味しく、電車だと東京から約2時間と、大阪にいくより近い街になった富山県にぜひみなさん一度足を運んでみてください。

ここで熊本にいるタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

イギリスにある観光名所とは

まずは大英博物館がお勧め

イギリスといえば、大英博物館です。その為だけに旅行に行く価値があるといえるくらいです。ちなみにロンドンにあるのですが、ロンドンには、はっきりいって、かなりの数の博物館や美術館があります。そして、多くのところが入場料が安い、或いは無料であることもあります。ですから、非常にメジャーな観光地になっているわけです。ちなみに大英博物館なのですが、1753年に設立されたものです。大英博物館というのは、とても歴史が長いものなのです。古代の美術品、芸術品がとても多くあるところです。これだけのためにイギリスに行く価値すらあります。

大英博物館だけではなく

大英博物館で素晴らしいのはイギリスのものではなく、他国からの収奪物が多い、ということです。それが結果として、文化財保護に繋がっている、ということがあります。ちなみに現在は、凡そ、700満点ほど収蔵しています。これは世界最大級です。質も最高であるとされています。ですから、イギリスに行くのであれば、是非とも大英博物館には行ってみることです。また、国立美術館のテート・ブリテンもお勧めできます。2000年にバンクサイド発電所があったところにモダンアートの会館があります。こちらもお勧めできますから、行ってみることです。これらのところだけでもイギリスに旅行をすることはお勧めできるのです。

ここで高知にいるタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。